顎 ニキビ 治し方

顎ニキビの治し方と予防について

すぐに再発しなかなか完治しない顎ニキビの治し方は何か無いのでしょうか。
顎にできるニキビは長引くことが多く、痛みもあり見た目も悪いため
少しでも早く治したいですよね。

 

そんな顎ニキビの対策について調べてみました。
ニキビ対策としてはやはり洗顔が重要ですね。
特に顎やフェイスラインは、スキンケアを怠りがちです。

 

デコボコした部分や首のラインなど、細かなところが忘れられています。
そのようなところが顎ニキビのできやすいところですね。

 

洗顔料は必ずあわ立ててから顔にのせましょう。
十分にあわ立ててやさしく顔全体を洗っていきます。
すすぎも十分行ってくださいね。

 

せっかく綺麗に洗ってもすすぎ残しがあると、ニキビができる原因になってしまいます。
30〜35度くらいのぬるま湯で、十分すぎると言うくらい洗ってください。

 

その後はもちろん基礎化粧品で保湿を行いましょう。
保湿が不十分だと乾燥するため、顎の毛穴が硬くなります。
硬くなった毛穴は皮脂を詰まらせてしまうため、ニキビができてしまいます。
ニキビが出来るのは乾燥が要因になることもあるのです。

 

スキンケアでお勧めのものは、ビタミンC誘導体とセラミドです。
普段使っている基礎化粧品に、これらの成分を加えることで
ニキビケアにとても有効に働きます。

 

お肌の炎症を整えてくれるビタミンC誘導体と、お肌に潤いを与えてくれるセラミドの
2つの成分を取り入れることにより、よりよいニキビケアが行えますよ。
外側からのアプローチも加えて、よりよいお肌の状態を保ってくださいね。

顎ニキビができない対策を知る(ポイントまとめ)

顎ニキビはデリケートな部分なので痛みがあり、見た目も良くありません。
顎ニキビができない対策を知って、それを実行すれば、例えできてしまった
顎ニキビでも大幅に改善できます。
そのためには、顎ニキビができないようにする対策を知らなければなりません。

 

顎ニキビを防ぐには皮脂汚れを落とす

べとつきやすい肌、あるいは皮脂が多すぎる肌は顎ニキビができやすくなります。
さらにクレンジングや洗顔の時にきちんと皮脂汚れを落とさないと顎ニキビができる原因になります。
ですから、洗顔などではきちんとすすぎをして洗い残しがないようにしましょう。

 

保湿不足で肌が乾燥しないようにする

肌が保湿不足で乾燥するのは顎ニキビができる原因になります。
肌が乾燥すると表皮が固くなり、毛穴も固くなるので皮脂が毛穴に詰まりやすくなるのです。
この対策は、顎を含めた肌全体に適度な保湿をすることです。

 

ホルモンバランスの乱れを防ぐ

顎を含むフェイスラインにニキビができる大きな原因は、ホルモンバランスの乱れです。
生理周期の狂いや、睡眠不足、強いストレス、バランスが悪い食生活などでホルモンバランスが乱れます。
ホルモンバランスが乱れると、皮脂分泌作用をする黄体ホルモンが
大量に分泌されて、ニキビを誘発します。
ですから、顎のニキビが治らない方の対策はホルモンバランスを正常に保つことです。

 

正しい洗顔とスキンケアで顎ニキビは防げる

顎は汚れが溜まりやすい部分ですから十分に洗顔料を泡立てて、丁寧に優しく
洗顔して、人肌程度の温水ですすぎは十分におこないましょう。
特にスキンケアが疎かになる顎の部分は顎ニキビができやすくなりますから要注意です。

 

ビタミンC誘導体とセラミドでのスキンケア

できてしまった顎ニキビを改善するにはビタミンC誘導体とセラミドを含む化粧品でのケアが有効です。
ビタミンC誘導体は肌の皮脂分泌を抑えますし、セラミドは肌に潤いを与える高い保湿力の成分です。

 

顎ニキビ対策のまとめ

顎ニキビができないようにする対策は、皮脂分による毛穴詰まりがしないようにして、保湿力がある化粧品を使うこと。
そして、睡眠をきちんととり、バランスの良い食生活をすること。
さらに、ホルモンバランスの崩れに注意して、ストレスを溜めないことです。
なお極度にひどい顎ニキビは専門の皮膚科で診察を受けるようにしましょう。