ホワイトニング歯磨き粉を使ったオーラルケアで紅茶などの黄ばみを改善

エチケットとしてオーラルケアを行っている人は割と多く、普通の歯磨き粉ではなくホワイトニング歯磨き粉の売り上げも伸びているとされます。

ホワイトニング歯磨き粉では、紅茶・コーヒー・たばこなどで生じる歯の黄ばみを予防したり改善する効果があります。ホワイトニング歯磨き粉でなぜ歯が白くなるのかというと、研磨剤という歯の表面に付着した汚れを取ることができるものが配合されているからです。

病院でもホワイトニングを行うことはできますが、過酸化水素という化学品を使うので口内炎症のリスクがあるといわれています。過酸化水素は歯の表面だけでなく内部もホワイトニングするので効果としては優れていますが、リスクのことを考えるとホワイトニング歯磨き粉の方が安全です。

しかし、ホワイトニング歯磨き粉を使用する際は注意したいことがあります。物質の表面を削ることができる研磨剤が入っているので、磨きすぎるとエナメル質まで削れたり歯茎を傷付けます。エナメル質が削れると知覚過敏、歯茎を傷付けると出血の原因になるので適度な回数と力加減で行うことが大切です。

ホワイトニング歯磨き粉を使用した歯磨き粉は、通常の歯磨きのように毎日行ってはならないとされます。その理由は研磨剤にありますが、行う回数としては週1回程度で十分です。また、歯ブラシは柔らかめが向いています。歯ブラシの硬さは人により好みが分かれますが、ホワイトニング歯磨き粉を使わない時でも硬さは柔らかめか普通が良いといわれているので、基本的に硬めの歯ブラシは避けた方が良いです。

磨く時の力加減はとても大事で、強く磨くと歯を痛めるので意識しながら歯を磨きます。力が強いと感じている場合は、親指と人差し指で歯ブラシを軽く持って磨くと力が入り過ぎずに歯を磨くことができます。

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時は、粒子の大きさと成分に注目します。粒子は小さい方が摩擦刺激が少なくなるので、できるだけ小さい粒子の製品を選ぶと良いです。成分では、汚れを落とす働きのある成分が配合されていることが大事で、最近登場している有効成分は酵素やイオンです。酵素は汚れを生むタンパク質の分解し、イオンには汚れを浮かせる働きがあります。

オーラルケアは人と関わることのある仕事をしている人に意識されていますが、歯の健康状態が寿命を左右するともいわれてるので、人と関わる機会が少ない人も意識して行った方が良いことです。

生活の中には、黄ばみや色素沈着を招くものがたくさんあります。毎日のように紅茶やコーヒーを飲んでいたりタバコを吸う習慣がある方は要注意なので、日頃からオーラルケアを行うことをおすすめします。ホワイトニング歯磨きってどれがホントに白くなるの?